[Gakupo Kamui] Bushido - It was the way of the SAMURAI -

Video

Distribution

Music

Karaoke / Illustration

※Some files may be missing.

Regarding the use of music

Lyrics

Lyrics:mathru Music:mathru Arrange:mathru Sing:Gakupo Kamui

月の陰 闇夜の調
命の焔さえ 露に晒して 永遠を詠う

畦の傍咲いた 彼岸花は誰ぞを死地に誘う
いつか刃は肌を裂いた 冷えた風が火照る身体の熱奪う

血で手を染めてしか存在れぬ二人 狂い舞踊る
それは奇怪な間柄 狂気纏い
ただ惹かれる 思い寄せる


--
「士の名の元へ」

月影に写る闇夜の残像
冷たい風が吹き抜ける戦場
相対するたび高鳴る感情
高みを求めて脈打つ心臓

そう愛するたびに表れる反応
と同じように湧き出す熱量
剥き出しにされる互いの本能
暴走するこの衝動

君の掌で踊る僕を
僕の掌で遊ぶ君を
刺して刺されて流れてそして
殺し殺され涙流して

途 この道の先に続く未来
無情の世界 永遠の戦い
人は侍 死にゆく時代
哀しみだけがただ残る舞台

生 いつかは滅
堕ちていくほど遠のく天国
藻掻きだす程抜けれぬ地獄
誰かの温もり欲しくなるって

君が僕に思い寄せる日まで
僕の思い君に届く日まで
僕は君を狙い続けるだろう
僕は君に怯え続けるだろう

側に咲くこの小さな花が
無残に踏まれてモノへと変わった
幼いながらも芽生えた性は
誰かに侵され儚く終わった

内へと秘めた百八の煩悩
絶えることもなく拡がる八方
生と死の狭間蠢く葛藤
自我さえ失う無意味な問答
其れが僕らに遺された武士道
--


傷つけあってしか存在れぬ二人 雨に酔い踊る
陰は満ちゆく我身から思慮を奪い 白に染める

重ね合わせ 触れた思いはただ高く響く
惹かれあったことも交わしたこともあの月に映して


血で手を染めてしか癒えぬ痛み 花弁散り落ちる
陰は朽ちゆく我身から熱を奪い
闇に還す 想い遠く 永遠に還す

嗚呼 『思』の住む場所へ
人間も存在も還りゆく 還りゆく

Leave a Reply

Your email address will not be published.